Show MenuHide Menu

さっぱり洗顔が必ずしもNGだとは限りません!?

洗顔はとにかくやさしく、ゴシゴシこすらないで洗うのが定説となっています。
もちろんそれはその通りなのですが、あまりにやさしく洗うと、顔の脂が落ちていないような気がして物足りない、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

洗顔もボディの洗浄も、とにかくさっぱり洗いあげたいので、肌がキュッキュッというくらいでないと洗った気がしない、という方もいらっしゃるかもしれません。

肌の皮脂を落としすぎると、皮膚がさらに皮脂を分泌しようとしてどんどん脂っぽくなってしまい、吹き出物の原因となってしまうことは確かに考えられます。
けれど、やさしく洗おうとするが故に、結局洗い残しをしてしまって、吹き出物ができてしまうという方もやはりいらっしゃるようです。

なので、ゴシゴシと肌をこすりつけながら洗わないようにすることだけでも気をつければ、洗いあがりにおいてはご自身の好みで洗浄してしまっても問題ありません。
その代わり、皮脂を過剰に落とした場合は、早めに肌に水分と油分を補給し、過剰な皮脂の分泌を防ぐこと。
これが大切なポイントです。

例えば洗顔のとき、手にたっぷりの泡をとって、肌を包み込むように洗顔するのが理想的です。
これだとさっぱり落とせたような気がしないという方は、洗い方が足りないのかもしれません。
ゴシゴシとこすらなくても、丁寧にゆっくりと泡洗顔をすることで、洗いあがりはさっぱり、肌がキュッキュッというくらいの洗いあがりになります。
より丁寧に洗うように心がけることと、洗顔料をさっぱりタイプにすることで、かなりしっかりと洗うことができますので、ぜひ試してみてください。

ボディも同様で、ナイロンタオルでゴシゴシこすらなくても、綿や絹の専用ボディタオルでゆっくりと洗顔することで、とてもさっぱりとした洗いあがりになります。
その後、きちんとボディクリームなどで保湿をすれば、肌の油分も補えて、より健康な肌を保つことができるのです。

洗顔やボディ洗浄の洗いあがりは、こだわりたいという方が多いと思いますので、ご自身の好みの洗いあがりにしていただいて大丈夫。
その代わり、洗い方に気をつけることと、アフターケアをしっかりと行い、肌が乾燥してしまうことのないように気をつけましょう。
ボディクリームもよいですが、お風呂あがり、体を拭く前に、オイルを全体的に塗布し、水分と一緒にタオルで拭うと、簡単に程よい保湿ができるのでおすすめです。