Show MenuHide Menu

クリームや乳液の必要性

スキンケアのこだわりは人それぞれかと思いますが、よかれと思ってやっていることが、意外と間違っていたりするものです。
例えば、スキンケアの仕上げともいえるクリームや乳液、あなたは使っていますか?

クリームや乳液は油分が高いので、ベタつきが嫌だから使わない、という方も多いようです。
しかし化粧水や美容液だけでスキンケアを終えてしまうと、せっかくの美容成分が蒸発してしまうので、クリームか乳液の油分でフタをする必要があります。

こういうことは、コスメカウンターの美容部員さんもよく言っているので、「コスメを売るための売り文句じゃないの?」と思われるかもしれません。
けれど、美容液を塗ったあとに何もしないでいると、すぐに肌が乾燥してきてしまうことを実感したことがある方も多いのではないでしょうか。
これは、美容液のせいではなくフタをしていないからなんですよ。

美容液をつけたあとに、メイク下地をつけてすぐにメイクをするということであれば、クリームなどのフタは必要ありません。
下地でフタをしてくれるからです。
しかし、夜などはスキンケアをしてそのまま眠ってしまいますし、きちんと油分を与えてあげるのはマスト。

クリームと乳液は、それぞれが違う用途で存在していますので、できれば両方使ったほうがよいですが、やはりベタつきが気になる、という方は、乳液をスキップしてクリームだけでもOK。
クリームはベタつきのないさらっとしたテクスチャーのものもたくさんありますので、好みの使用感のものを探してみましょう。
たとえ夏場でも、フタをすることは必須ですので、より使用感のよいものを見つけてください。

クリームにおいては、フタをする用途だけではなく、いろいろな美容成分が含まれていますので、スキンケアとしてもとてもよい効果を発揮します。
上質なクリームであれば、どうしても疲れてスキンケアの時間が取れない、というときなど、クリームだけ塗って眠ってしまっても、1日くらいなら大きな肌荒れを起こすことなくやり過ごせます。

年令を重ねるごとに、肌の油分はなくなっていきますので、ミセス年代の方はぜひ取り入れてほしいですし、お若い方でも、せっかくの美容成分を肌に浸透させるためにも、油分の補給は適度に行われることをおすすめします。
できればスキンケアはシリーズで使うとよいといわれています。化粧水などは別だとしても、美容液とクリームくらいは同じラインのものを使用するとよさそうです。