子どもにスキンケアは必要ない?

スキンケアは大人のためのもの、子どもの肌が成長している過程でスキンケアをはじめてしまうのは、子どもの肌を余計に弱くしてしまうのでよくない、とお考えの方は多いのではないでしょうか。
これは、正解のようで不正解でもあります。その理由について掘り下げていきましょう。

子どもに合うコスメは?

子どものスキンケアに関して、大人と同じような栄養たっぷり、添加物たっぷりのスキンケアを施すのは、当然ながらよくありません。
そもそもそういったスキンケアは子どもに必要ないということもありますし、小さいうちから肌に栄養を与えすぎると、肌の事故再生能力が低下してしまう可能性もあります。

しかし、子供の肌が乾燥しているのに、なんのケアも施さないと、そのうちアトピー性皮膚炎を発症してしまったり、大きくなってからシミやシワができやすい肌になってしまうため、ケアが必要な子どもには、必要なケアを施すのがよいようです。

例えば、肌に湿疹が現れて小児科に行った経験のあるお母さんは多いかと思います。
冬場だったりすると、その原因が乾燥であるとの診断を受けたことのある方もいらっしゃるのではないでしょうか。
その場合、小児科や皮膚科で処方された保湿剤を子どもに塗ってあげますよね。
あれも、立派なスキンケアのひとつなんです。

子どもの肌にもオーガニック

それが、小児科を通さず、ドラッグストアやオーガニックコスメショップなどで保湿剤やローションを買って子どもにスキンケアを行うのと、何も変わりはないですよね。
そう考えると、子どもへのスキンケアは必要だ、という考え方もできるわけです。

子どものスキンケアは、できるだけ余計な成分を使っていないシンプルなものがおすすめ。
過度な乾燥に悩んでいるなら、ワセリンを乾燥している箇所に塗るというケアでも十分です。
しかし、春先など花粉の季節になると、あまり保湿効果が高いと肌がベタついて、花粉が肌につきやすくなってしまうので、肌の奥に水分が浸透し、肌の表面はさらっとするようなアイテムがよいと思います。

最近はオーガニックコスメがとても充実しており、お子さんでも使用できるというアイテムがたくさんあります。
値段も比較的安価で、お母さんも一緒に使用できる、というものも多いので、そういったものを活用して、楽しくお子さんとスキンケアを行うのもよいのではないでしょうか。
紫外線対策も大切なので、夏場はせめて顔だけでも日焼け止めを塗って外出させるなどのスキンケアも、忘れないで行いましょう。