Show MenuHide Menu

Category Archives: 注目のスキンケア成分

ビタミンC

ビタミンCは、体の内側と外側、両方に効果のある美容成分です。
サプリメントもたくさん開発されていますし、多くのコスメにビタミンCが配合されています。
ここで、ビタミンCの効果について触れていきましょう。

まず、ビタミンCをサプリメントとして取り入れた時の効果には、免疫力を高める効果が期待できます。
ビタミンCをしっかりとっていると風邪を引きにくいといわれていますし、ちょっとした風邪をひいたときに、すぐにビタミンCをたっぷり摂取すると治りが早いともいわれています。

この免疫力が低下すると、ニキビや肌荒れなどのトラブルを引き起こすことがありますので、できるだけこまめにビタミンCを摂取するとよいようです。
ビタミンCは水溶性で、体内の中にとどめておくことができないので、1回摂取して必要な分を吸収したら、後は尿などで排出されてしまいます。
そのため、常に一定量のビタミンCを摂取するように意識するのがポイントです。

そして、ビタミンCはコラーゲンの吸収を促進してくれるため、肌のプリプリ効果もアップします。
コラーゲンは夜寝る前にい摂取すると吸収率が高まるといわれていますが、ビタミンCを一緒に摂取することでさらに吸収が高まりますので、ぜひ一緒に取り入れましょう。

そのほか、抗酸化作用や美白効果もあるため、サプリメントだけではなく、コスメにもビタミンCが配合されている製品はたくさんあります。
ただ、ビタミンCは肌につけて紫外線を浴びてしまうと、紫外線を吸収しやすくなってしまうことがありますので、ビタミンCが配合されているコスメは、夜のお手入れに使用するように気をつけてください。

おそらく日中用のコスメにビタミンCが配合されているものは少ないかと思いますし、配合されている場合は紫外線の吸収を促進しないように対策が取られているかと思われます。
例えば、ビタミンCの宝庫といわれるレモンの果汁を体の半分に塗って日焼けマシンに入ったら、塗ったほうがより日焼けしたというデータもあります。
自宅でレモンパックなどをするときも、そのまま日光を浴びないように気をつけてくださいね。

ビタミンCはそのものにも体やお肌によい効果がたくさんありますが、ほかの栄養の吸収を高めてくれる効果もありますので、多方面から役立つ万能成分でもあります。
女性は閉経後骨粗鬆症になりやすいといわれていますが、ビタミンCには骨を強くする効果もあるんですよ。
ぜひ体内外から積極的に摂取し、美容と健康に役立てましょう。

ピテラ

某大手化粧品会社が開発したコスメで有名になった「ピテラ」。

アンチエイジングになくてはならない成分として一躍有名になりましたが、その具体的な効能などについてはご存じないという方がいらっしゃるかもしれません。

そこで、ピテラという成分について調べてみました。

 

ピテラとは、自然につくられた酵母から生まれた成分。

酵母を特殊な液の中で発行させ、その成分を抽出してつくられます。化学成分ではないので、肌が敏感な方でも安心して使用することができるのがピテラの特徴。

 

このピテラが何の役割をするかというと、簡単にいうと「肌本来の機能がしっかりと働くようにする」役割をしてくれます。

よく耳にするかと思いますが、肌は28日サイクルで生まれ変わっています。

現在の肌の状態は、28日前の食生活やお手入れによって作られた肌なのです。

そして、また28日後には、さらに新しい肌に生まれ変わっています。

 

しかし、化学成分がたっぷり使用されたコスメを愛用していたり、内面から考えると添加物のたっぷりはいった食事ばかりしていると、この28日という周期が狂ってきてしまうのです。

遅かったり早かったりするならまだよいのですが、周期自体がなくなってしまうということも。

 

ピテラは、そのように乱れてしまった肌の再生周期を正常な状態に戻し、きちんと肌が生まれ変わるような手助けをしてくれるのです。

 

ほかにも、「本来の肌に戻す」という効果があるので、肌荒れしてしまっている方はピテラを使用することでは誰が解消されるでしょうし、必要以上に肌が老けこんでしまったという方は、そういったものが改善される可能性もあります。

また不規則な生活から皮脂の分泌バランスが乱れてしまったという方も、皮脂と水分のバランスが整うので、肌が健康な状態に戻っていくのですね。

 

ピテラを初めて使用した方は、独特の匂いに驚かれるかもしれません。

決してよい香りとはいえないのですが、人工的な香料を使っているよりも非常に交換がもてますし、「効きそう!」という気がするのもよいところ。

ピテラ配合の化粧水を使用していたら、香料たっぷりの化粧品はもう使えなくなってしまうかも?

 

肌のいろいろなバランスが乱れてきたなと感じている方は、ぜひピテラ配合の化粧水でたっぷりと保湿してみてください。

次の日にはかなり肌の状態が改善されているはずです。

ただ、ピテラ配合のコスメは少し(かなり?)高価なので、気軽にたっぷりととはいかないかもしれません。

けれどみみっちい使用法では効果は期待できないので、使うときはどんと使ってみましょう。

ユビキノール

ユビキノールという成分をご存知でしょうか?

ユビキノールとは、還元型のコエンザイムQ10のことで、普通のCQ10と比べると
吸収率がとても高く、効果もより得やすいといわれる成分です。

 

コエンザイムということで、アンチエイジングなどのために服用される方が多く、
もちろんその効果も高いのですが、コエンザイムは心臓の機能を活性化させるためにも
有効な成分であるといわれていますので、より吸収率の高いユビキノールを、
不整脈や動悸が気になる方が摂取して、症状が改善されたというレビューもあります。

 

ちなみに、日本のCQ10の成分表のところに、ユビキノンと書かれていることが
あるようですが、これとユビキノールは同様のものであるという見解があります。

ただ、日本ではユビキノールとしてのサプリメントが販売されているところはほとんどなく、
日本でユビキノールのサプリメントを服用されている方は、海外の製品を個人輸入などで
購入して服用されているようです。

 

ユビキノールにはさまざまな効果が期待できます。

まずは、美肌効果。アンチエイジング効果があるというだけあり、
肌にハリが出てきたという人がとても多いです。

また、疲れにくくなった、朝の目覚めがよくなったという口コミも多く、
これも体内が若返ったからではないかと考えている愛用者の方がたくさんいらっしゃいます。

コエンザイムで効果を感じられたという方は、
ユビキノールならさらなる効果が期待できるかもしれません。

 

また、原因不明のニキビや湿疹がなくなったという方も。

フェイスラインのアダルトニキビに長年悩まされていて、何をしても消えなかったのに、
ユビキノールを服用するようになったら、1ヶ月もしないで治ってしまったとか、
二の腕に赤い湿疹があってすごく気になっていたけれど、ユビキノールの服用を続けていたら
治まったなど、肌のトラブルが改善したというレビューも多いです。

 

ユビキノールの服用方法は、1粒または1回分で100mgの場合、
朝晩の2回服用するのが効果的だといわれています。

油分と一緒に摂取すると、より吸収率が上がるといわれていますので、
食後の摂取がおすすめです。

これはCQ10も同様ですね。

 

ユビキノールはサプリメントであり、薬ではありませんので、
1回飲んだだけで効果が見られるということは少ないかと思います

しかし数週間服用を続けることで、効果を実感された方がたくさんいらっしゃる様子。

原因がよくわからないけれど毎日だるい、という方や、何をやっても
肌荒れが改善されない、という方は、試しに服用してみてはいかがでしょう。

大豆イソフラボン

大豆イソフラボンは、女性ホルモンの働きを活発にすることから、かなり前から注目されている成分ですね。
この大豆イソフラボンは、肌にハリを与える効果が期待できます。

大豆イソフラボンは、どのような形で女性によい効果を与えてくれるのか?
大豆イソフラボンは、女性ホルモンのひとつでる「エストロゲン」と似た働きをしてくれるといわれており、女性ホルモンが活性化されると若々しさを出してくれる効果があるので、大豆イソフラボンにもそのような効果が期待できるということですね。

そもそも女性ホルモンというのは、女性の体にスプーン一杯分くらいしかないといわれており、そこから年齢を重ねるにつれてどんどん減少していきます。
ですので、少しでも活発にするように、できるだけ若いうちから食材などの天然成分からよいものを吸収する必要があるのです。

大豆イソフラボンというだけあり、大豆製品に多く含まれる成分になりますが、大豆製品の中でも、含まれている成分量は異なります。
例えば納豆だと1パックにつき約65mgの大豆イソフラボンが含まれていますが、大豆を似たものだと、同じ量でも30mgとなります。
代表的な大豆製品の中では納豆に一番多く含まれているようですが、納豆ばかり食べるのではなく、いろいろな大豆製品をバランスよくいただくことが、より効果的に大豆イソフラボンを接種できると思われます。

年齢を重ねていくにつれ、こうした成分を食材のみで取り入れるのは難しくなってきますので、サプリメントなどに頼ることも必要になってくるかと思われますが、お若いうちからサプリメントや薬などに頼るのではなく、できるだけ食材などから取り入れるようにしましょう。
サプリメントに加工するにあたって使用される化学成分や食品添加物は、女性の体によくない影響を与えることがあります。
特にこれから出産をしたいと考えている方は、こうした加工品に頼らないように気をつけたほうがよいでしょう。

ちなみに大豆イソフラボンは、更年期障害の症状を和らげたり、予防したりといった効果も期待できるようです。
更年期障害についての対処は、月経が終了するころに意識し始める方が多いようですが、実は月経が規則的にきているころから対処しておくべきなのだとか。
こういった面からも、日頃から大豆製品を積極的に摂ることは大切なのだと思います。
納豆は冷蔵庫に常に1パック、お豆腐などはお味噌汁やお鍋など、いろいろなお料理に取り入れていただくように心がけてみましょう。

ビタミンE

肌を若々しく、美しい状態に保ってくれる栄養分として代表的なのが「ビタミンE」。
皮膚科で肌トラブルについての診療を受けると、必ずといってよいほどビタミンEの
サプリメントやお薬が処方されます。

このビタミンEのもっとも大きな効能は、「抗酸化作用」。
抗酸化という言葉は少し前からかなり一般的になり、女性はみなさん抗酸化作用の高い
アイテムを投入して、体内のサビを予防するように努めていますよね。
ビタミンEには、この抗酸化作用がたっぷりと含まれているんです。

活性酸素という言葉を聞いたことがある方も多いかと思います。
活性酸素は体内の細胞をサビさせてしまう物質で、ストレスや紫外線、激しい運動を
することでたくさん発生するといわれています。

この活性酸素を抑制してくれるのが、抗酸化作用のある栄養素。
ビタミンEのほかには、CoQ10なども抗酸化作用の高い栄養素として有名です。

抗酸化作用に合わせて、ビタミンEには血液の循環をよくする効果、動脈硬化を防ぐ効果、
肌のしみやしわを予防する効果など、体によい効果がたくさんありますので、ぜひ積極的に
摂取したい栄養素ですね。

活性酸素は、普通に呼吸をしているだけでも発生してしまうので、
抗酸化はそのときだけではなく、常に意識する必要があります。

なので、ビタミンEについても、激しい運動をしたときだけ飲む、
紫外線をたくさん浴びてしまったときだけ飲む、ということではなく、
日頃から定期的に摂取することが望ましいです。

ビタミンEを多く含む食材は、青魚やモロヘイヤ、魚卵などがあります。
しかしこれらの食材は食べ過ぎるとカロリーやコレステロールを摂取しすぎてしまう
ということにもなりますので、一日に必要なビタミンEをしっかり摂取するには、
サプリメントを活用するのが望ましいでしょう。

ビタミンEは脂溶性なので、油分を含む食事と一緒に摂り入れるのが効果的。
食事中でも構いませんが、習慣づけるには食後に飲むようにすると、吸収率が
高まると思われます。

脂溶性だからということからか、石油化合物を使用してつくられたビタミンEの
サプリメントがありますが、そういった化学物質を使用してつくられたサプリメントは
摂り入れないようにしましょう。

天然の成分でつくられたサプリメントを選ぶようにしてください。
これは他のサプリメントも同様です。

ビタミンEのサプリメントはドラッグストアなどでいろいろな種類が販売されていますので、
ぜひチェックして、お気に入りのものを長く摂取するよう心がけてみてください。
続けることできっとその効果を実感できるはずです。